Osaka photo 大阪フォト-番外編■夙川~芦屋 お花見散歩と口福

画像


本日の画像は大阪フォト「番外編」
関西お花見スポットで有名どころ
夙川の桜と美味しいものです^^(笑)


みなさま、こんばんは。
もうあちこちが桜吹雪で、今年の桜はもうお終い。
って、そんな風に言われてるよな風の強い日でした^^;


先週から心は落ち着かず、そわそわ、そわそわ

あ。
正しくは、先々週あたりから・・・ ^^笑・笑

今月の大阪帰省、楽しみにしていた事が
いくつかありました。 そのひとつがこのお花見散歩。

今回の画像はそんな
Osaka photo 大阪フォト-番外編をお付き合いください^^


今回私の帰省タイミングに合わせて
オット・ちくわぶと、お仕事の関係者Yさんが
なんとも強引な、ハードな予定で参戦する。と^^;
衝撃的なことを聞いたのは、いつだったか(笑)

一泊二日で
「関西で桜を愛でて美味しいもんを食べる!」とな
おっさん二人がなかなか思いきった企画で
春爛漫の夙川に人生で初の上陸を果たしました。

 Yさん。・・・堂々と「おっさん」とは^^しーません(笑・笑)
 
 ちくわぶと二人して裏テーマに
 芦屋マダムに会いたい!があったとか?^^;

 何を考えてんねん!と、すかさずツッコミました(笑)


画像



兵庫県西宮市にある夙川、この界隈のお花見は
大阪はもちろん、京都や奈良ともまたちょっと違って
長閑な印象があるのは、こんな風に川の両岸が
1000本をも超える桜並木になっていて

ぶらぶらとお散歩する人や、宴会(?^^)
誰もが気ままに、この時期の心地いい陽気に誘われて
思い思いに楽しんでいる感じがするから


私たちも阪急電車の苦楽園口からの
一駅、二駅をいつのまにか歩けてました。




今回のこの一日、短時間で充実この上なく
楽しい時間になったのは、ちくわぶが
ブログを通してお友達になったさんころさんが
いてくれたから!!


ちくわぶ曰く、お知り合いになって
かれこれ3年?になったとかって、聞くと、
なんかスゴイって、不思議なご縁があるものですね♪

私たち夫婦って二人とも、もうかなりオトナですから
考えると、もうきっと「人生の半分」には充~分っ
さしかかってる頃だと思うと^^;

縁あって出逢える人の数も、きっともう
ある程度限られてるように思うので、そんな中にあって
こんな風に不思議で素敵な出逢いがあって、
その方と実際に会えて話して、大笑いして^^

今が時季で美しく咲く花を見て、美味しいもんを食べて・・・
そんな風に過ごせる時間がとてもありがたく
幸せで嬉しくて^^
ちくわぶにも本当に思いで深い時間になったようです。


画像



今回はさすが地元のさんころさん。
この辺のお花見どころの穴場、ではないでしょうか
ココ。「越水浄水場」 
ここが桜の通り抜けができ
夙川沿いとはくらべものにならないほど
ゆったりのんびり桜見物ができて
良いところに連れて行ってもらえました。


きっと普段は関係者の人しかあがれないような
ビルの屋上からもこんな桜景色を見せてもらえました♪




画像



目の前、ほんのすぐ近くで満開の桜が雲海みたいで、
それはきれいで今までにない見方ができました。




良いところに連れて行ってもらえた
 
 と言えば。



ココ ^^

我慢した甲斐がありました。

何を?って??


 もちろ~ん、の、ビールとワイン^^爆

 あちこち見ながら、おしゃべりしながら歩いたから
 そう時間も距離も感じずでしたし、途中甘味処にも寄ったけど
 やっぱり、結構歩きましたよ・・・・

 もう、早く飲みたーい♪って頃でした ^^



画像



さんころさんがこちらのお店は
お料理教室の先生から教えてもらったとの事
美味しいお店はやっぱり、
美味しいものを作る方が知っている!!と
まさにこの言葉通りに

 なんと、口福だったことか~~♪

 写真を選びながらもまたうっとりしてしまった・・・


芦屋にある永来権 (エラゴン)と読む鳥料理のお店


最初の一品、このお通し
地鶏と菜の花と筍の和えもの


画像




ね。
このお通しに感激!

色といい香りといい
春爛漫で、きらきらしてみえるゼリー寄せが、
絶対、ただものではないでしょ。 ^^



鳥のお鍋はぜったい食べたほうがいいと
お料理教室の先生のお話だったそうで
予約していてくれました。

そうそう、こちらとても人気のお店だそうですが
お席も「はなれ」という個室を頼んでいてくれて、
おかげでゆっくりおしゃべりも撮影もできました^^(笑)

そう!この日のメンバーがまた、キっツイ
「チーム・ブロガー」 (;><)爆


 撮らずにいられない人たち・・・(笑)

 さんころさんには
 何からなにまでお世話になりました~~~。


画像



さて、お料理は
お鍋にはいるまでに


鳥皮とルッコラのサラダ

このカリカリ食感とルッコラの香ばしい香り
やみつきになります^^

パテも可愛らしいお皿にちょこんと並んで。

画像



Yさんが初顔あわせでも
気にいってもらえたようで・・・
満足げな笑顔だったのが印象的^^;


地鶏の手羽焼き
この手羽がもうすごい、筋肉(?^^)
ご一緒したMさんの
ひとくち食べてからの名言

 「この手羽、鍛えてる~~~~」って(爆)

ハイ。
ホントにこのくらい、鍛えてみたい!って思うほどの
しまった身とその歯ごたえ、そして味の濃さ! 
ひとりこの一皿でもペロっと食べられること間違いなし!
あ、一皿じゃたりないかも・・・


画像



青々とした山椒の実。
この時期にこんなにきれいな緑色って・・・?
と思って聞くと、こうしてこの手羽に乗せるための
一年ぶんの山椒を限られた期間に実際に収穫に行く
のだそう。それを大事に保存しながら使われると

やっぱりこだわりのお店やわ~~♪と大感激。
だって、この手羽にポチ・ポチっとした鮮やかな緑の
この実山椒が、目にも舌にもなんと刺激的だったことか
絶品!



画像




卵好きのちくわぶがはずせないのが出し巻き。
関西の出し巻きの美味しさを思い知ったか~~~^^

 って、自分がつくってるわけじゃないのに(爆)

 わたし。関東の卵焼きのあの「甘い」のには
 きっとずっと慣れられへんやろ~な・・・^^

 
で、
お鍋!!

お味見スープをどうぞ。と、
まず味見を勧められたスープ。



画像


ええ。もちのろん。このままで、
どんどんつみれ入れていって~~~。
と、
お店の人が親鳥状態で私たちが小鳥(?)

あまりのくいつきの良さ(爆)


画像



鶏肉のこのきれいな色、
ちゃんと伝えれてたらいいのですが・・・
ホントにさっと、火を通すくらいでと親鳥さん・談

はい!っと、
美味しく食べられる方法を聞くときは
心から素直に従います ^^


ところで、このお鍋の具で
「へぇ~~~」って関心したのは、きのこは
しいたけではなく「マッシュルーム」ですって


画像




さすが芦屋はおしゃれ!やっぱり違うわね~と。^^;
わたしたち何回「おほほほ・ほ~」って笑ったかしら(笑)

しかし、ちくわぶ&Yさんの野望(?)
なっとくの芦屋マダムは会えたのかしら・・・^^

 などと、やいやいわいわい。



画像



そして〆の鳥ラーメン。
それでもこのスープを残してなるものか!くらいな
まさかの、雑炊セット追加も、誰一人不参加なく
取り合いくらいの勢い^^(爆・爆)


画像



みんな食いしん坊でよかった~~~。

大満足でお名残惜しく帰路に向かうは
もう何年ぶり?の、久しぶりの最終電車でした・・・^^;



また行きたいです。
そしてさんころさんにもまた会いたいです♪


永来権 (エラゴン)阪神芦屋駅からほどなくです。
Mさん、もう再訪を企てるそうです(笑)


お花見散歩と口福、幸せな時間でした~^^
みなさん、ありがとうございました♪


画像





画像



 松と桜並木って、この画がまさに夙川って
 長閑で落ち着いてって雰囲気で
 まさに、芦屋マダム ?? って感じ?(笑)



 関西の桜、京都には京都の、奈良には奈良の
 そして大阪には大阪の、各地にもそれぞれの
 美どころもたくさんあります。

 と、〆は強引に関西お花見日記として^^(笑)

 



    本日もご覧くださりありがとうございます。よろしければ 
       ↓ポチッ ↓ポチッ♪と、クリック^^☆ 応援して下さい。
 
趣味ぶろ アート・クラフト教室ブログランキングにほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへにほんブログ村 写真ブログ フォトスタイリングへ




  レッスンへのお問い合わせ・お申し込みは

  ホームページFleurs minajouet フルール・ミーナジュエ 080-1482-2919
    またはこちらからどうぞ^^

 

       お電話でのお問い合わせは、レッスン中など電話に出られない場合がございます。
       伝言を残して頂くとかけなおし致します。
       
       メールでのお申し込みは、お名前、ご住所、ご連絡先に、レッスン参加ご希望の教室と
       日程をお書き添えください。 
       お手数ですがよろしくお願いいたします。

       みなさまのご参加お待ちしております。




にほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトスタイリングへ




"Osaka photo 大阪フォト-番外編■夙川~芦屋 お花見散歩と口福" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント