不思議なひと 

 昨日、新聞を見てびっくりした。

 そして、少し悲しかった。


 不思議で美しい人が亡くなってた・・・
  「山口小夜子」

画像
 


 まっすぐに切り揃った前髪
 艶々とした漆黒の髪
 
 どこを見てるのか、わからない
 なのに、どこか深い深い奥を
 しづかに強く見つめるような瞳
 
   それは切れ長で、冷たい印象だった。

 まだ子供だった私は、確かテレビのCMだったと思う
 はじめて見たそんな彼女を、じっーと見入ってしまった覚えがある。

   不思議な人だと 思った。

   生きてるの?
   このヒト・・・。

   そんな風にまで思った。


画像



  そんな印象だったのは、きっと
  体温さえ感じさせないような・・・
  
 「冷たいお人形」
 
   その当時私が持っていた「お人形」は
   クルクルのカールの黄色い長い髪に
   まんまるの青い目、ぱっちりしたおめめだった。
   それが、可愛いのだと信じ込んでいた。

  なのに、
   滑らかで冷たく まっすぐで・・・
   美しい、黒い目のお人形を見た

   そんな気がした。

   それから少しして、動く美しい「お人形」は
   山口小夜子と言うモデルさんだと知った 

     「小夜子」
美しいヒトは名前さえ美しいものなんだと思った。

  
  それからオトナになって行くにつれ彼女の印象は
  昨日のこの新聞をみるまで、小さくなっていたけれど



画像




 そんな不思議で美しい人が
 もう、いなくなったのだと知った、今、
  何故かとても重く、大きく思い出して
   悲しくなった。

 
 彼女の本を昔、買ってたはず   
  

     ・・・・あった。

  
 小さい夜の美しい子
 それはやはり不思議なヒト

 
      今気づいた、
      蝉の声、今日は聞いてない・・・。

      夏は終わっていくのかな
 

    静かに 何かが終わっていくのかな
    そんな気がして




"不思議なひと " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント