愛らしい花

画像



・・・・っと、「アガパンサス」はギリシャ語で
 そう言う意味。らしいです(^^)

 先日のいけばな、お稽古花です。

「African Lily」が英名、原産はその名の通りアフリカ南部
 流の古い本「いけばな花材事典」にはそう載っています♪
 明治時代の中ごろに輸入された花だそう。
 今でこそ、そこかしこで目にする花だけど、このスタイルのモダンさ
 きっと当時の人はびっくりしたのかな~♪ なんて思います^^


画像



今回の写真は「格花・一種いけ」で
生徒さんが活けられたものです。

格花は植物の出生の姿を重んじて
自然のままのシーンを切り取り、
私たちいけ手のまさに「手」通して(^^)
作品とする、虚実等分

  
「アガパンサス」この花材は
葉の間からぐ~~~~~んっと花茎をのばし
先端に咲き広がる花が印象的
(③画像、道端に咲く自然なままの花と葉)


一つづつ花を、よ~~く見るとね・・・①画像♪

  ほらっ・・・・
 「愛らしい花」って名前の意味がわかるような気がする^^♪  


画像
   


スッキリと、出生の姿のままの印象で
葉を組みなおし、抱き合う葉の間から花茎が
そう・・・、スキっとのびる^^(笑)
そんな華

ムシ暑いが続きますが、アガパンサスみたいに
「スキッ♪」と元気に過ごせたらいいな~~~♪っと
思いつつ・・・ (^v^)

"愛らしい花" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント