ニ季の通い・・・

画像



いけばなをしていると独特の言葉、表現がある事に気づきます。
それは、ときとしてむずかしい~(^^;)と思う事もあり
また、へ~ぇ♪なんて感心する事もあるのですが・・・
私には「へ~ぇ♪」そうなんだ~(^^)嬉
なんて感じる事が多いように思います。

いろんな言葉がある中で今日のお題「ニ季の通い」ですが・・・

この言葉は秋の七草の一つ「女郎花・おみなえし」を流の格花に挿ける時に使う表現です。
女郎花は普通の(?^^)草花と違って、花と葉が同じ年に生じるのではなく、
今年に葉が生まれれば、翌年に、前の年の葉の跡に、花が生じるという出生を持つものです。
ですから、この女郎花を格花で挿ける時には出生の姿を重んじ、この花を扱い、
そのものを表現し挿ける「ニ季の通い」が大切だと教わりました

でも・・・・
私が日記にする「表現」はこの女郎花のお話しと少々ズレる事^^;
ご了承くださいませ(^^・笑)

先日のデイサービス・レッスンへ向かう道に・・・^^♪
みぃ~つけた♪(照・笑) 「ニ季の通い」笑・失礼します^^
私が感じた「それ」がこの画像です・・・この蕾の「あじさい」と
「バラ」 日中は蒸し暑いような?夜は肌寒いような?そんな日でした。
でも、確実に季節はまたまた変わろうとしてる・・・・

通いなれた道に、フッと気づいた(^^;)この瞬間が嬉しくて♪
「あ~~ぁ、このコ達もがんばってるな~♪」と・・・パチリッ撮・笑

「二つの季節が通う瞬間?!」そんな気がした日でした。


季節の移り変わりは、想いのほか速いものです。
皆さ~ん(^0^)日々お忙しい事と存じますが、時節柄
お身体おいといくださいね~(^v^)

"ニ季の通い・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント