富山旅フォト■越中八尾 おわら風の盆

画像


本日の画像は富山の旅フォト、
越中八尾「おわら風の盆」から選びました。
先週末にいつか訪れたいと思っていた町、
胡弓の音色がひろがる町へ行きました。

画像



毎年9月1日~3日の間 三日三晩にわたり
八尾(やつお)の情緒ある町並みを踊り続けるという
「おわら風の盆」
ずっと観たいと思っていたお祭りへ行く事ができました。

富山駅から乗った小さなバスでこの町に着いたとき
あぁホントに来たんだ・・・と、不思議な感覚になりました。

画像



それからちょうど、すぐにひとつめの町の「町流し」に出会えました。
生で聴く胡弓の旋律は美しくとても切なく、哀愁漂うもので
心に沁みて思わず涙ぐんでしまったり^^;

ぼんぼりが灯り始めた、そんな頃でした。


画像



風の盆は二百十日に風の害にあわず豊作になることを祈る行事、
おわら踊りで風の神様をしずめるという意味があるお祭りだそう。

興味のある方は私の拙い説明よりぜひ、「おわら風の盆」と検索してみてください。^^;

画像




風の盆本来の風情とは遠いそうな、多くの人であふれる中の町流し
初めてのことなので撮影に必死になりました。
でも、結局上手く撮れなかったのも^^;
これもこれでひとつの思い出になりました。


  それに、また今度?!ちょっとリベンジも!?、と、
  次につなごうと思ってみたり ^^

画像



目深に被った編笠の女性はその手の動きで感情を、すべてを表現するみたい
反対に男踊りは足の動きが印象的で、それは勇壮に表現するようで

男女が対になり胡弓と三味線にあわせて町を流していく。


編笠で顔は見えないけれど、その手の動きで好きな人はわかるという
なんともロマンチックでいて、いじらしい表現がありました。


画像



町流しは町内ごとにある程度時間が決まってはじまります。
プログラムみたいなものもあり、通りで待ち構えて ^^;
あちこちめぐるので、観客もずいぶん歩きます。


画像


そんな中見つけた表具屋さんのお店先には、胡弓が飾られていました。
それに酔芙蓉の花がひとつふたつと咲き始めていました。

 こちらは江戸時代から明治にかけての胡弓だそうで
 おわら踊りのお軸と芙蓉の花とあわせた
 こんな粋な室礼にも出会えてよかったな~^^


画像


このお祭りが終わるとまた風の通り抜ける
静かで落ち着いた町にもどるのですね。

 また 来年。


画像



    本日もご覧くださりありがとうございます。よろしければ 
       ↓ポチッ ↓ポチッ♪と、クリック^^☆ 応援して下さい。
 
趣味ぶろ アート・クラフト教室ブログランキングにほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへにほんブログ村 写真ブログ フォトスタイリングへ




  レッスンへのお問い合わせ・お申し込みは

  ホームページFleurs minajouet フルール・ミーナジュエ 080-1482-2919
    またはこちらからどうぞ^^

 

       お電話でのお問い合わせは、レッスン中など電話に出られない場合がございます。
       伝言を残して頂くとかけなおし致します。
       
       メールでのお申し込みは、お名前、ご住所、ご連絡先に、レッスン参加ご希望の教室と
       日程をお書き添えください。 
       お手数ですがよろしくお願いいたします。

       みなさまのご参加お待ちしております。




にほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトスタイリングへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック