今月のいけばな 水草の取り合わせ・魚道分け

過日、流のいけばな研究会に行った際、撮影の花です。

お題にしました「魚道分け」とは格花の表現のひとつ「株分け」で
水辺の景色をみせる挿けかたです。
(株分けは一つの花器に剣山などの花留めが複数入る事をいいます)
文字通りに、水の中の魚が水草と水草の間をぬって泳いでいるような・・・
そんな景色を表現するいけかたです。


  
画像




  こちらの作品は役員の先生が参考花にといれてくださったものです。

  花材 姫がま・河骨・睡蓮  と、花材はすべて水物です。

  流の格花では生育環境を含めた、その植物本来がもつ特質を
  「出生」と呼び、その出生を知り、その出生通りに表現する事が
  とても大切な約束事と考えます。

  「水物」とは沼地や池辺などの水湿地に生育する植物の事をいい
  山野や畑などの陸上に生育する植物は「陸物 (くがもの)」または「おかもの」と呼びます。

  ですから「魚道分け」は水物ばかり、水草どうし取り合わせた場合を言います。


画像





 「睡蓮」は代表的な水草です。多数の園芸種がありますが
 日本の在来種は「ひつじぐさ」という白い睡蓮1種だけだそうです。
 未の刻(午後2時ごろ)に花を咲かせることから、そう名付けられたそうですが
 実際は朝から夕方まで花を咲かせていると・・・^^; ググってみると書かれていました。


  この丸い葉が水辺に浮かんでいる景色は涼しげで、
  ちょうど今頃、夕方頃に見ると夕陽があたって
  キラキラと輝いて見えてきれいなものです。


 河骨もまた水辺の風情を感じさせる花材です。
 ただ水揚げがとても悪く、いける際には特別な方法で
 水揚げしてからいけます。


  随分まえになりますが、親先生、恩師がお稽古させてくれた事がありました。
  その頃はまだデジカメなんて持っていなかったころですから、お稽古花は  
  「写るンです」で撮っていました(^^;苦・笑) ただ、ノートにだけはちゃんと
  ファイルして、自分なりに先生がおっしゃった事をまとめて書き残していました。

  そのお稽古でいけた作品をノートに貼った写真がこちらです^^
   2002/6/22となっています^^;

  
画像




     ちゃんと「水たたき葉」と言う水辺近くにある低い葉を
     一瓶の中に交えて使う。と言う約束事も書き込んでいました。
     それにこの日のお稽古で教えてもらった事は今もとても印象深く覚えています。
     特別な水揚げ方法は、ポンプで石灰水またはみょうばん水のうわずみを
     直接注入する。と言う方法、これを実際に体験させてもらえた事でした。
     石灰水などよりも本当は「里水」その植物が生育していたその場のお水が
     一番いい事、そんな事も教えて頂きました。

     専用のポンプから水揚げすると、葉脈を通ってそのお水が
     葉っぱの隅々まで広がっていくのが目に見えてわかるのです。
     蓮の花のお稽古をさせてもらった時もそうでした。
     蓮の葉は、すみずみに水が行き渡ると葉の真ん中から、それは本当に
     お風呂のシャワーみたいに、ば~~ぁっと、水がでた事を見て
     みんなで大笑いして感激したものでした。

     親先生はいつもおっしゃっていました。
      「実際に自分で体験するから、印象に残るのです」って
      「上手くいけられなくてもいいの、その花材に出会って知ると言う事が大事だから」って
     そんな風に気長に、また丁寧にいろんな事を教えて下さった素晴らしい先生でした。

     今だったら、写真、もう少しだけ上手く撮れてたな~・・・と思うのですが・・・^^;
     ご覧頂きにくい画像かと思いますが、私にとってはとても思いで深い一枚です。



   
    また長々と書いてしまいました^^;謝・謝・笑

    ただ、どの花もみんな今からの時季の華です。
    いけばなでなくても、実際にちょっと近くの水辺の景色など
    ご覧になるのも、いかかでしょうか♪^^

    



    最後までご覧下さりありがとうございますそして、チャレンジしてみました。
    よろしければ、ポチッ↓  ↓ ポチッ♪と、クリック^^☆ 応援して下さい。↓ポチッ♪ (^^礼・笑)    
     にほんブログ村 花ブログ フラワースクール・レッスンへ ファイブスタイルには資格・講座 ブログランキング で参加しています




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年06月18日 19:58
毎回素敵なお話で、専門外ではありますが興味深く読ませていただきました。
わたくしも華道ならぬデジ一道なる道を極めたいと考えております。

。。。って、わたしらしくない文章になってしまいましたが、正直今日の話はそんなことを思わせるようなものでありました。
ありがとうございます!
minajouet
2009年06月19日 11:18
日向 夏生さま
 恐れ入ります。ありがとうございます

この記事へのトラックバック