京都・フィラデルフィア美術館展

先日の京都はいったい、気温って何度あったのでしょう^^;
かなりの日差し、そして、「暑っ~~~っ!!」としか
言いようのないような・・・そんな日でしたw

暑さはニガテ極まりなく、夏になると、もしかして?!
私の中のどこかの何かが、 汗と共に溶け出してるんじゃないか?!
(;^^)って自分で自分を思うくらい汗っかき、そんな事ですから
夏の暑さと、日差しとは私は絶対!相性が悪い人だと思っています。
だから、できるだけ夏は、明るい間のおでかけは避けたい・・・(;^^)っと・・


画像


でも・・・この日は違っていました。暑さ真っ只中の京都へ!!
前の晩から 「夏の京都の暑さに立ち向かってやる」なんて^^w
キアイたっぷりで、日傘はもちろん、日焼け止めも、蚊の虫除けもばっちり塗って
お扇子も忘れずに・・・汗拭きタオルは2枚(^^爆!)っと、 
そんな、お出かけ体制整えて?!笑)でかけました。
まずは「フィラデルフィア美術館展」へ
こちらのご招待券を頂戴したものですから・・・^^☆嬉・笑


京都市美術館で開催中のこの展覧会は、今までに見た絵画展では
感じた事ない感覚^^ お得感?とでも言うのでしょうか
(あっ!本当の意味でもお得感で行かせてもらっちゃってたし^^礼w)
そんな感じいっぱいです。だって、作品の種類が多い
(専門的に絵の事はわからないけれど)印象派の古典(?)と言えば!?^^の
モネやルノワールと一緒の機会に。 ピカソやモディリアーニが並んで見れたり
ギャグとしてつい?!よくする、ロダンの「考える人」の本物も!!
わ~っ、コレが本物?!って、ヘンな角度からの感動したりして・・・・^^;w
「フィラデルフィア美術館」って、かなり幅の広い範囲の趣味(?)の
作品をお持ちのようで・・・;^^ww
こんなのが一気に見れるって事がスゴイ事なんじゃないかな♪ っと思いました

画像



詳しく絵の事はわからないけれど・・・絵画に造詣の深い方々が聞いたら、
きっと「ひっくりコケそう」になる?!そんな私たち独自の感想?
「ボケ・つっこみ」しながら見た^^この絵画展はとても楽しく
思いで深いものになりそうでした。作品についてのコネタ?(;^^)
書き出すとエライ事になりますので・・・^^; やめときます

帰ってからこうして思いだして、一番気持ちの中に残ったのもの・・・
それが意外にも 絵じゃなくて彫刻だった事が自分でも可笑しかった

コンスタンティン・ブランクーシと言う、はじめて知った作者の
「The kiss」だった。石灰岩のそう大きくはない彫刻。

ほんわりとあたたかなキスシーン(^^笑)素朴で
いい意味でチカラの抜けた、あたたかい空気に包まれた
幸せな作品だった感じがして・・・・この作品の周りをぐるぐる・・・
4回は回って見た(^^爆)見れば見るほど味がある彫刻
いい作品でした^^♪


画像は、展示品の絵ももちろんだけど、同じように気になった館内写真。
レトロな建物は照明がモダンな感じで天井のステンドグラスもきれいだったので
お決まりの?!^^; パチリ♪っと(撮・笑)


画像


それに、キアイで戦った?京都の暑さだったけど
空がとてもキレイだった♪気持ちのいい快晴~^v^
すっきりとした青!夏の空~~♪コレもまたキレイだった。
いい一日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック